Instagram登録してね! Go>>

まつ毛パーマ(ラッシュリフト)

まつ毛パーマで目力アップ!

ググっと上がるまつ毛パーマはいかがでしょうか?

今はパリジェンヌラッシュリフトと呼ぶこともあるそうですが、世代を問わずまつ毛パーマ需要が伸びてきました。ビューラーをしなくても《いつも以上のクルッと感》は朝のメイクの時短につながるので一度やったらやめられません!

まつ毛のボリュームをアップしたければ当店で大人気メニューの一つであるまつ毛エクステ(詳しくはこちら)ですが、ナチュラルに自前のまつ毛を上げたかったら『まつげパーマ』がおすすめ!

まつ毛パーマとまつ毛エクステはどう違う?

両方ともまつ毛に施術を行うので似ているのでは?と思うかもしれませんが、《自まつ毛を使う》か《エクステを付ける》のかでだいぶ変わってきます。

わかりやすいところだけ紹介します。

◎マツエクと比べていいところ
  • 根本から立ち上がる
  • 上がった状態が1日中キープされる
  • お手入れに気を使わない
×マツエクと比べて惜しいところ
  • デザイン性がない
  • ボリュームアップにマスカラが必要
  • 自まつげが長い方がビューティフル

上記のような違いがあります。

まつ毛パーマとまつげエクステには一長一短があるので、メリットデメリットとは表現しにくいところです。

むしろ両方試してみて合う方を選ぶことができれば一番いいでしょう。

まつ毛パーマがおすすめな人

両方試してみることが一番いいと言いましたが、具体的にどんな人にまつ毛パーマが合うのか例をあげてみます。

こんな人におすすめ!
  • 逆さまつ毛に悩んでる人
  • ボリュームアップを求めてない人
  • オイルクレンジングをしたい人
  • ビューラーをしても落ちてくる人
  • メンテナンス周期が長めな方がいい人
  • マツエクのグルーが合わなかった人
  • マツエクでアレルギーが出てしまう人

まつげエクステの場合はボリュームはアップしますが、取れてくると目元が寂しくなったり、取れかけが気になったりします。そういったことがない分、楽なのはまつ毛パーマかもしれません。

またマツエク用のグルーによるアレルギーがあっても施術可能なので選択肢の幅は広がります。

逆に「まつげが少なく隙間の多い人」は若干不向きかもしれません。

まつ毛パーマの施術事例

まつ毛パーマのビフォーアフター(M様)
まつ毛パーマのビフォーアフター(S様)
まつ毛パーマのビフォーアフター(Y様)
まつ毛パーマのビフォーアフター(K様)

みなさんまつ毛が根本からしっかりと立ち上がっているのがよくわかります。

もともとが長い人もいれば、短い人もいます。それぞれのパターンで対応できるようになっています。

※ご協力いただいたみなさまありがとうございます

まつ毛パーマのビフォーアフター(M様)
まつ毛パーマのビフォーアフター(S様)
まつ毛パーマのビフォーアフター(Y様)
まつ毛パーマのビフォーアフター(K様)

みなさんまつ毛が根本からしっかりと立ち上がっているのがよくわかります。

もともとが長い人もいれば、短い人もいます。それぞれのパターンで対応できるようになっています。

※ご協力いただいたみなさまありがとうございます

まつ毛パーマで使う道具

まつ毛パーマで使用する専用のシリコンバー

シリコンバーと呼ばれるロッドを使って薬剤を塗ることでまつ毛が上向きになってくれます。1本1本の生えグセに合わせて細かな調節ができるようになっていたり、デザイン調整をしやすいプロ専用の道具です。

根本から立ち上げたり立ち上げとカールをつけたりするような種類があるので、どのようなまつげになりたいかを施術前にカウンセリングで担当と話し合うようにしてください。

まつ毛パーマの料金と所要時間

料金4,400円
施術時間約1時間〜1時間半
オプションアイシャンプー 550円

まつ毛の毛質によって薬剤の浸透具合が異なるため、施術時間が前後してしまうこともございます。お時間にゆとりを持ってご予約をお願いいたします。

まつ毛パーマやまつ毛エクステは要予約のメニューとなっています。予めお電話かLINEでご連絡をいただけるようお願いいたします。

\ いますぐ登録 /

まつ毛パーマの施術でのご注意

まつ毛パーマの施術は薬剤によりメイクが落ちてしまいます。また、薬剤をきちんと浸透させるためにも当日は目元がノーメイクの状態が望ましくなっております。

きれいな目元を作るためにもご理解をお願いいたします。